Close

プロフィール

岩淵拓郎
岩淵拓郎(編集者)

1973年、兵庫県宝塚市生まれ / 在住。

阪神・淡路大震災を機に生まれた市民メディア『月刊神戸から』(1.17市民通信)専属編集者を経て、1998年に独立。雑誌『ワイアード 日本語版』(同朋舎出版)、『月刊マックパワー』(アスキー)など、主にコンピュータ系雑誌でアートやカルチャーに関するコラム記事を執筆。また企業や団体のウェブサイト、メールマガジンのディレクションも多数手がける。

同時に2002年より美術家として活動。言葉の持つ意味とニュアンスの齟齬をテーマとした作品を発表。さまざまなアートイベントやプロジェクトに参加(2010年に廃業)。

現在は主に文化・芸術関係の書籍・冊子・ウェブサイトなどの編集、企業や店舗のブランディング、イベントの企画・制作、地域の文化プロジェクトのディレクションなどを手がける。

主な編著に『内子座〜地域が支える町の劇場の100年』(学芸出版社/愛媛出版文化賞)。2012〜14年、宝塚映画祭総合ディレクター。一般批評学会所属。趣味は料理ともちよりパーティー。

主な書籍 / 冊子の編集
  • 『こころのたねとして ―記憶と社会をつなぐアートプロジェクト』(2008, ココルーム)
  • 『カマン!メディアセンター』(2011, 大阪市立大学都市研究プラザ)
  • 『浪切ホール 2002-2010 ―いま、ここ、から考える地域のこと 文化のこと』(2012, 水曜社)
  • 『内子座 ―地域が支える町の劇場の100年』(2016, 学芸出版社)
  • 『オーサンと石のかべ』(2016, 大阪府)
  • 『スクリーンプリントプレス メッシュ』(2017〜, 神戸アートビレッジセンター)
  • 『お茶の間オーケストラ 2017 ―高齢者と奏でる音楽(2018, 日本センチュリー交響楽団)
主なブランディング
  • 永楽屋(2010, ブランドステートメント作成)
  • 森本刃物(2011, ブランドステートメント作成)
  • 株式会社オオウエ(2013, ブランドステートメント作成)
  • パティスリー・リアン(2016, ブランドステートメント作成)
  • 西口校具製作所(2017, ブランドステートメント作成)
主なイベント / プロジェクトの編集
  • こころのたねとして ―記憶の手順としてのドラマリーディング、もしくは路面電車跡(2007, ココルーム / プロジェクトディレクター)
  • 中之島メディアピクニック(2007, remo / アーティスト)
  • 中之島PLAYLIST100(2009, 水都大阪 / アーティスト)
  • ことばくよう 〜 死を悼み、生を誓う4つの物語(2010, 應典院寺町倶楽部 / アーティスト)
  • 《音楽》の正しい聴き方(2010, 神戸アートビレッジセンター / 企画・制作・聞き手)
  • 1000人で音楽をする日。(2010, 財団法人千里文化財団 / 共同ディレクター)
  • 宝塚映画祭(2012-2014, 宝塚映画祭実行委員会 / 総合ディレクター)
  • 佐保川ラジオ ―未来の図書館のためのメディア・プログラム(2014-2015, 奈良県立図書情報館 / ディレクター)
  • 誰かの旅を/旅する記憶(2015, ギャラリーNOMA / ディレクター)
  • えのこじま仮設映画館(2015, 大阪府立江之子島文化芸術創造センター / プログラム・ディレクター)
  • みんなのたからづかマチ文庫(2015-2018, 宝塚市立図書館 / プロデューサー)